新着情報

  • TOP
  • 従業員に関する対応
  • 団体交渉補佐
  • 就業規則
  • 無料相談
  • 新着情報
  • 事務所案内
TOP > 新着情報

新着情報

「特定技能」で働く外国人労働者の運用要領公表 (2019年3月25日)

法務省は、「特定技能」で働く外国人労働者の受入れに向け、企業側の支援内容を具体的に盛り込んだ運用要領を公表した。現金自動預け払い機(ATM)の使い方やごみの分別方法、喫煙のルールなど、日本の生活について8時間以上のガイダンスを行うことを義務付けた。また、外国人が住居を借りる際、企業が連帯保証人となるほか、1人あたり7.5平方メートル以上の部屋を確保することが義務付けられている。

助成金「働き方改革支援コース」新設 (2019年3月18日)

厚生労働省は、中小企業が残業時間を抑える目的で新規に従業員を雇用した場合に支給する助成金「働き方改革支援コース」を新設する。雇用保険法施行規則を改正し、4月から導入する。支給額は短時間労働者1人に40万円など。

省庁、障害者雇用率未達で予算減額へ (2019年3月18日)

中央省庁における障害者雇用数の水増し問題で、政府は、法定雇用率を達成できない省庁の予算を減額する仕組みを導入する。未達1人あたり60万円を、翌年度予算から減額する方針。国会、裁判所、会計検査院、人事院にも、同様の取組みを求める。

雇用保険、18日より現受給者へ適正額 (2019年3月18日)

毎月勤労統計の不適切調査問題で、厚生労働省は、3月18日より、雇用保険の適正金額での給付を開始する。受給者の手続きは不要。17日以前の手当の不足額は、4月以降に追加給付される。また、すでに受給を終えている人への追加分は、11月頃の見込み。

技能実習生の処遇をめぐり日立に勧告・指導 (2019年3月11日)

日立製作所とグループ企業10社の計11社12事業所が、2018年に技能実習生に実習の必須業務をさせていなかったなどとして、外国人技能実習機構から技能実習適正実施・実習生保護法に基づく改善勧告や改善指導を受けていたことがわかった。日立はすでに改善を実施したとしているが、不十分と判断されれば、実習計画の認定が取り消される可能性もある。

前のニュース一覧へ | 次のニュース一覧へ

このページのトップへ
Copyright© 三重総合社労士事務所(中部労働保険協会) All rights reserved.