新着情報

  • TOP
  • 従業員に関する対応
  • 団体交渉補佐
  • 就業規則
  • 無料相談
  • 新着情報
  • 事務所案内
TOP > 新着情報

新着情報

減少した残業代の従業員への還元を呼び掛け 経団連 (2017年10月10日)

経団連は、働き方改革によって残業代が減少しても給与が大幅に減らないよう、従業員へ還元する対応を企業に呼び掛ける方針を示した。大和総研の試算では 残業が月平均60時間に抑制されると残業代が最大で年間8.5兆円減少するとされており、働き方改革を経済の好循環につなげたい経団連では、来年1月にまとめる経営側の基本方針に還元方法を示すとしている。

「マイナンバー制度」情報連携に遅れ (2017年10月2日)

マイナンバーを利用して官公庁や医療保険者など公的機関が個人情報をやり取りする情報連携システムが今秋から本格運用される予定だが、当初予定していた1,800余の手続きのうち約半数がスタート時点で簡略化できない見通しであることがわかった。年金関連で約730の手続きの簡略化開始が未定であるほか、高額療養費の支給などの手続きでも添付書類の省略ができない可能性がある。

介護福祉士の離職防止に向けリーダー育成へ (2017年10月2日)

厚生労働省の専門委員会が介護人材の確保策を提案し、現在、国家資格だが他の介護職と仕事内容や賃金に大きな差がない介護福祉士について、役割分担を明確にし、認知症対応など専門性が高い介護を担ってもらうことを要請した。5年程度のキャリアがあり、研修を受けた介護福祉士をチームリーダーとし、介護職のまとめ役とする考え。

年金受給開始年齢の70歳以降への繰下げ可能に 有識者会議が提言 (2017年10月2日)

内閣府の有識者会議が、公的年金の受給開始年齢を70歳より後にすることができる制度改革を求める提言をまとめた。労働人口が減るなか、受給開始年齢を遅らせることで高齢者の就労促進に繋げると同時に、年金の給付総額を抑え、国の財政悪化を和らげるのが狙い。政府は、この提言をもとに今後の社会政策の基本方針となる「高齢社会対策大綱」の改定案を年内に閣議決定する方針。

110団体が「非効率な商習慣」是正へ共同宣言 (2017年9月25日)

経団連など110団体が、下請けいじめや長時間労働につながる短納期での発注や急な仕様変更など、非効率な商習慣の是正に取り組むことを内容とした共同宣言を発表した。関係法令や労働基準法を守り、取引先にも違反させない配慮を経営者に求めている。

前のニュース一覧へ | 次のニュース一覧へ

このページのトップへ
Copyright© 三重総合社労士事務所(中部労働保険協会) All rights reserved.